さいたま市の葬儀なら式典さくらへ
HOME>税金・費用・その他の疑問

税金・費用・その他の疑問

専門的な知識が必要になります

相続、保険、形見分けなどは複雑な取りきめなども存在するため、基本的には専門科の知識がどうしても必要不可欠になってきます。

しかし、普通であれば、それぞれの専門家である弁護士などに相談する必要性が発生してしまいます。

式典さくらの場合はこの様な事後処理について、よりご遺族の負担を減らし、スムーズ執り行うためにそれぞれの専門家を抱えています。なので、なにかお困りであれば、すぐにご相談いただければと思います。

下の表はその中でも、法的な手続きが必要となるものです。
式典さくらの場合は、それぞれの専門家がいるので、対応することが可能でございます。

  申請期間 申請先 手続きの内容 必要な書類
生命保険 生命保険
(民間会社)
3年似内 生命保険会社の本社、
または支社
保険金の請求:死亡者の氏名

保険証書番号:死因

死亡年月日を届け出る:団体保倹の場合は所属団体に届け出る
保検証書、死亡診断書、除籍謄本、受取吠の戸籍謄本と印鑑証明など。
事故の場合は事故証明と保険料領収書など、入院給付金特約のある場合は入院証明書など。
条件により異釦腔すので、問い合わせる生命保険つき住宅ローン墜除籍謄本と死亡診断書穿どが必要。取引金融機関に問い合わせを。
簡易保険
(郵便局)
5年以内 郵便局
年金 国民年金 死亡一時金は2年以内、その他は5年以内 居住地の市、区、町村の年金課 故人が加入者の場合、条件により母子年金、遺族年金、寡婦年金、死亡一時金が支給される。受給者の場合は14日以内に年金証書の返還、未受給年金の請求を。 住民票、戸籍謄本、印鑑、振込口座が分かる金融機関の預金通帳など条件により手続きは異なります。
厚生年金 加入者は5年以内、受給者は10日以内 厚生年金は勤務先または管轄の社会保険事務所、共済年金は管轄の社会保険
事務所
加入者の場合は条件により遺族厚生年金を申請する。
受給者犀条件により遺族年金、未受給年金の請求を。
       
年金手帳または被保険者証・戸籍謄本、死亡診断書、遺曉年金裁定請求書など。
条件により、必要な書類は異なりますので、事前に電話で問い合わせて下さい。
共済年金
健康保険  国民健康保険 2年以内 居住地の市区町村健康保険課 国民健康保険に基づく「葬祭費」請求手続き 国民健膵保険被保険者証・印鑑(認印)
埋葬許苛証か死亡診断書のコピー。
葬儀費用領収書(遺族以外が請求する場合)
(社会保険)
健康保険
2年以内 勤務先の健康保険組合または所轄の社会保険事務所 健康保険に基づく埋葬料または家族埋葬料の請求手続き 健康保険被保険者証・印鑑(認印)埋葬'許可証か死亡診断書のコピー。
葬儀費用領収書(遺族以外が請求する場合)
税金 所得税の
確定申告
4カ月以内 勤労者は勤務先、その他は所轄の税務署 死亡した年の1月1日から死亡日までの所得に関する申告。
死亡者が扶養家族の場合は医
療費控除の対象となることもあります。
生命保険の領収書など条件により異なりますので、問い合わせを、医療費控除の申告は5年以内。
相続税の申告 10カ月以内 所轄の税務署 遺族が引き継ぐすべての財産に相続税はかかります。
複雑な場合は税理士に相談して下さい。
遺産分割協議書の写し、固定資産評価証明書、遺言書の写しなど、条件によって異なりますので、事前に問い合わせて下さいo
問い合わせ