さいたま市の葬儀なら式典さくらへ
HOME>お打ち合わせ内容

お打ち合わせ内容

葬儀打ち合わせについて
葬儀費用の打ち合わせ

どのような葬儀にするかを決める際に、「相場はどれくらいですか?」、「いくらで出来ますか?」と良く聞かれます。それに対して葬儀社は「お宅様でしたら…」とアドバイスは言いますが、葬儀社の説明はあくまでも参考として捉えると良いでしょう。最終的には自分達で必要な葬儀プランを判断し決定する事をお勧めします。またいくつかの葬儀プランがあると、大体、中ぐらいを選びがちですが金額とサービスのランクは必ずしも正比例するわけでは無いので注意が必要です。「サービス」や「割引」、「無料」などの言葉だけで、安易に判断してしまうのは避けた方がよいでしょう。まず予算を出して、この金額内で葬儀をしたいと言って葬儀社と交渉するのも一つの手段ではあります。そして必ず葬儀社の提示している金額にどこまでが含まれているのかをきちんと確認し、葬儀費用の総額を考えて決めましょう。とにかく値段で問題なのは、葬儀費用の総額です。

会葬者の人数予測・葬儀式場、日時の決定

会葬者の人数などは予測がしにくい部分ですが、人数により、式場の規模、料理・返礼品の数が変わってくるので、できるだけしっかりとした人数が把握できるとよいでしょう。大体の会葬者の人数が分かっていれば、請求金額に近い見積り書の作成ができます。菩提寺があるかの確認も大事です。菩提寺がある場合はお寺に連絡をして、御導師の都合を聞いてから日時、式場を決定します。その際に、お布施の金額も聞いておくとよいでしょう。菩提寺がないけど、仏教でお坊さんを呼んで葬儀をあげたいという方は弊社にてご紹介することが可能です。金額もはっきりとお伝え出来るのでご相談ください。

葬儀必要経費について

ご遺体を式場、またはご自宅まで搬送した場合、搬送費と、ご遺体を保全するためのドライアイス等の費用、ご遺体を納める棺は絶対に必要になってくる経費になります。日時と式場が決まればそれらの搬送費、遺体保全費用の金額を提示が可能です。その他に祭壇、お写真、会葬礼状、返礼品、料理、生花等の打ち合わせをさせていただきます。一般の会葬者がお香典を包んできていただいたときに何もせずに帰って頂くわけにはいかないので、ほとんどの場合、会葬礼状、返礼品、料理のご用意をいたします。
※香典のご辞退をされる場合は一般会葬者への飲食接待及び返礼品の必要はなくなるので葬儀担当者と相談されると良いでしょう。
それによって、全体の葬儀経費の3割~6割ほど安く出来る場合もあります。又式場によって、テント、看板、暖房器具など必要になる場合があるのでご提案させて頂くことはあります。

見積書の提出

見積書は必ず提出させていただきます。会葬者数が予想していたより増えない限り、大幅に料理、返礼品の追加がないかぎり、見積書とほぼ誤差のない請求書をおだしさせていただきます。お見積書提出後、葬儀までの間に内容に変更があればご相談可能です。変更できないもの(式場、火葬炉、会葬礼状の減少など。)もございますので、その点はご了承ください。

ご請求書の提出

葬儀を行った際の変更点、料理の追加や返礼品の追加・返品などの金額の誤差を明記し、ご請求書を葬儀後2~3日以内に提出させていただきます。ご不明な点がないようにご請求書提出の際にきちんとご説明させていただきます。

ご精算

請求書提出日より2週間以内にご精算いただきます。(保険や相続などの関係上、日数がかかる場合は、ご精算の期日、ご精算方法はお気軽にご相談ください。)ご精算方法は、お振込みまたは、ご都合の良い日を合わせ、ご集金にお伺いいたします。

問い合わせ