さいたま市の葬儀なら式典さくらへ
HOME>納棺式について

納棺式について

納棺の儀について
納棺の儀についてのイメージ

納棺師とは、ご遺体を棺に納める仕事のことです。
しかし無造作に棺に納めればいいというわけではありません。
ご遺体を整え、旅立ちの衣装を着せて棺に納めます。遺族が死と向き合う大切な儀式でもありますから、可能な限りご遺族の方々と共に、お別れをしていただけるよう努めるのが納棺師の役割です。いかに厳粛かつ、おだやかな雰囲気を作り出せるか……、納棺師の力量が問われます。
映画「おくりびと」では、葬儀社スタッフの役割と、納棺師の役割が区別されていますが、大多数の葬儀社は納棺の儀式を自社スタッフで行っています。
「葬儀社は病院のお迎えから通夜、葬儀・告別式、アフターフォローまで一連の流れをトータルで統括するのが仕事です。その中で、納棺の儀は通夜、葬儀・告別式への流れにつながる儀式のひとつであると同時に、ご遺族の方々が故人との別れをする大切な場面でもあります。

納棺の手順について

納棺の手順についてご説明します。

亡くなったあと、時間をおかずにご遺体を棺に納めることもあるのですが、ご親族が揃ってから行うことが多いので、一同が集まりやすい通夜前に行われることが一般的です。本来は遺族の手で行うものですが、最近では葬儀社スタッフ、納棺専門業者等のスタッフが納棺の儀式を仕切っています。

1 ご遺体の身支度をします

宗旨・宗派に合わせた衣装の着付けをします。たとえば、仏式(浄土真宗を除く)なら経帷子(きょうかたびら)を、神式なら白の小袖を着用します。

2 遺族は身支度の手伝いをします

3 装束は左前に合わせ、上帯(うわおび)を締め、手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)を着け、足袋を履かせます。

六文銭(ろくもんせん)を入れた頭陀袋(ずだぶくろ)を首に掛けます。頭につける白の三角巾も死装束の一つですが、最近ではつけることが少なくなりました。

4 棺に納めます

身支度を終えたご遺体を、遺族・親戚が支えながら仰向けにして棺の中に納めます。身につけたもの以外の旅支度、杖、網傘、草鞋(わらじ)を納めます。

5 副葬品を納めます。

故人が愛用していた品を副葬品として納めます。ただし、燃えにくいものなど、爆発の恐れのあるものはNGです。あれもこれも納めたいという気持ちもわかりますが、遺骨を傷めてしまう恐れがありますので、最小限に留めておいたほうが無難です。

6 棺の蓋を閉めます

最後に棺の蓋を閉めます。

問い合わせ