さいたま市の葬儀なら式典さくらへ
HOME>通夜について

通夜について

通夜について
通夜のイメージ
受付開始

事前の打ち合わせで決めている担当に分かれ、受付を行っていきます。

着席

作法に決まった順で着席していきます。
下記は一例です。宗派により異なることもありますので、必ずお寺に相談して下さい。

仏式通夜の場合の席次表(配置例)

  • 通夜の会場が縦長の場合

    仏式通夜の場合の席次表(配置例)
  • 通夜の会場が横長の場合

    通夜の会場が横長の場合

一般弔問客は、通夜の開始の時刻の30~15分前くらいまでに会場に到着するようにし、受付で会葬者名簿に記帳を済ませておきます。

大きく分けると右側が喪主、遺族、近親者、親族などの位置になります。上座であるほど故人と縁が深かった人となります。
左側は、世話役代表(葬儀委員長)が最も上座となり、友人、知人、職場関係の人の席となります。
職場間系の人のなかでは、役職者や、故人の上司として直接の親交があった人が上座となります。

上記以外の一般弔問客は、先着順に祭壇に近い方から詰めて席につきます。
焼香を行う場合には、上座から順番に喪主、遺族、弔問客の順に行い、弔問客は席順に焼香をします。

※キリスト教(キリスト教式)や神道(神式)でも席次は同様となります。

僧侶入場・読経

僧侶入場が入場しますので合掌でむかえます。
約30分から40分の読経をおこないます。

遺族・会葬者焼香

読経の区切り焼香を行います。
焼香マナーについてはQ&Aをご参考下さい。

僧侶退場

焼香が終わりますと、僧侶が退場しますので、参列者は合掌でみおくります。

通夜終了

通夜が終わり、関係の深い参列者の方には食事などをふるまいます。
食事についてはこのページ(食事に関するページを開く)
それ以外の参列者については食事を取らずにそのまま帰宅されます。

問い合わせ