さいたま市の葬儀なら式典さくらへ
HOME>法要について

法要について

目的
法要のイメージ

法要(法事)とは、死者に対する仏法行事という意味です。
追善・慶賀・祈願・報恩などがありますが、法要(法事)は、一般的に、私たちが法事という場合、故人の霊をなぐさめ、冥福を祈る追善供養のことが多いようです。

1.初七日法要

初七日法要といいますが、実際には葬儀後すぐや、3,4日後に行うことが多いようです。
通夜や、葬儀と同じ様に遺骨、生花を備え、僧侶に経を上げてもらいます。

2.二七日・三七日・四七日・六七日法要

遺族などのごく近い関係者で供養することが多く、省略することも最近は増えています。自宅で行うことも多いため、基本的に喪服などは着用しません。

3.五七日(三十五日)・七七日(四十九日)法要

一般的に、七七日(四十九日)に故人が極楽浄土に行かれる日とされています。
僧侶を呼び、経を上げてもらいます。また、葬儀に参加頂いた方々に挨拶回りなども行います。
白木の位牌から、漆の位牌に変更して、仏壇に安置します。又、遺品や形見分けなどもこの日を目途に行います。

4.百カ日法要

ご臨終から、100日目のことを言います。
埋葬してからの初めての法要となり、僧侶を呼び経を上げてもらいます。

5.一周忌法要

ご臨終か丁度1年目の事を言います。
親族などで集まり、会食を行うことが多いようです。

6.一回忌とその後の法要

仏教では、一周忌以降、三回忌(亡くなって満2年目)、七回忌(6年目)と、百回忌まであります。
一般的には、故人を知るものも少なくなることから三十三回忌をもって弔いあげとしています。
それ以降の五十回忌・百回忌になると、先祖に対する感謝の意味として法要を行います。

問い合わせ